NTT回線とプロバイダ

関連カテゴリ:
よくあるパソコントラブルと解決法 > NTT回線とプロバイダ

【NTT回線の種類】

 

NTT回線には、主にISDN、ADSL、光ファイバーの3種類の回線があります。
ISDNというのは電話回線を使用したサービスです。
電話回線を2つに分岐することで、一方は電話、もう一方はパソコンというふうに分けて使うことができます。
TA(ターミナルアダプタ)とよばれる専用のモデムを使うことで、電話もインターネットも同時に使用することができます。
電話線なのでインターネット速度は低速でありますが、一部の地域や離島などで ADSLも光ファイバーも使えないという場合に使用されてることがあります。
ISDNは 電話線を2つに分岐して使うのですが、インターネットやパソコン用のサービスというわけではありません。
電話と電話、電話とFAXなどインターネット用途以外でも一般的に使用されているサービスです。
またISDNのように電話線を分岐せずに 単に電話線をパソコンに繋いでインターネットに接続するサービスを ダイアルアップ接続といいます。
ADSLも電話線を使用したサービスです。
基地局から自宅までの電話線に ADSL用の信号を流すことで 比較的高速にインターネットをすることができます。
NTTの電話線は国内のほとんどのところを網羅していますので ADSLを使える地域は非常に広いと考えていいでしょう。
ただしNTT基地局から 一定の距離を超えると ADSL信号が弱くなりますので インターネット速度が低下したり 使えなかったりということはあります。
 
光ファイバーは、NTTの電話線とは別で 光ファイバー網を使ったサービスです。
NTT回線の中では現在 最も多く使われているサービスです。
光ファイバーも電話線と同じく かなり多くの地域に普及しているため 戸建てやマンションなどでよく使われています。
ファミリータイプとマンションタイプ・VDSLタイプの2種類に分かれます。
ファミリータイプというのは 光ファイバーをダイレクトに戸建てや部屋に入れて使うタイプで、マンションタイプ・VDSLタイプというのは、マンション内の機器のあるところまで光ファイバーを入れ そこから既存の電話線を使うタイプです。
マンションの多くは 光ファイバーを各部屋までダイレクトに入れることは基本的にできませんので マンションタイプ・VDSLタイプになります。