インターネット回線とプロバイダ

関連カテゴリ:
よくあるパソコントラブルと解決法 > インターネット回線とプロバイダ

【道路と関所という役割】

 

回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。
インターネット回線というのは、文字通り回線です。情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。
例えば、目的地までに行くのに車に乗って行くとして、道路を使いますが、その道路だと思えばいいです。
光回線、ADSL、CATVなどありますが、それぞれいろいろな道路を使用しているのです。
一般道とか高速道とかいろいろあります。
さて しばらく道路を進むと インターネットという仮想空間が広がっているとします。
このインターネットへの入り口で IDやパスワードを発行している会社がプロバイダです。
ISP インターネット・サービス・プロバイダです。
例えば映画館に入るにしても、遊園地で遊ぶにしても入場券が必要になります。誰でも自由に入れるというわけではあります。
インターネットも同じで、IDとパスワードを発行してもらった人だけが入れるようになっています。
インターネットをしているというのは、先ず回線がありプロバイダにIDとパスワードを発行してもらっていると考えるといいでしょう。

【具体的にどういう会社がある?】

インターネット回線やプロバイダには、聞き慣れた会社が多いと思います。具体的には下記のような回線事業者やプロバイダがあります。
 
インターネット回線
 
NTT東西・・光・ADSL
KDDI・・光
電力会社・・光
CATV・・光・ケーブルテレビ回線
WiMax・・無線
Yモバイル・・無線
プロバイダ
 
ぷらら
OCN
So-Net
DION
Nifty
Biglobe
最近ではやはり光回線が一番多いのではないでしょうか?
 
戸建では光回線をそのまま宅内に引いたり、マンションでも直接光を引いたりマンションの1Fまで光でそこから部屋までは電話回線というパターンもあります。
 
ADSLというのは 従来の電話回線で ADSL信号を使って行う比較的高速なインターネット回線です。
 
光回線の普及で ADSLは少なくなってきています。
 
次に多いのがケーブルテレビですね。
 
各地域にケーブルテレビ会社はあります。メイン(幹線)は光で宅内までは同軸ケーブルを使用することが多いです。
 
また 無線でも高速な通信が可能となってきており 使用できるエリアも増えていることから Wimaxなどの回線もよく使用されるようになってきました。